なぜ不動産投資を思い至ったのか!

えいえいです(^-^)。

36歳、サラリーマン。
こんなどこにでも転がっていそうなリーマンが、なぜに不動産投資をしようと思ったのか…。

それは、1年前のある日、いきつけの近所の本屋で出会った一冊の本からでした。

  【サラリーマンでも「大家さん」になれる46の秘訣】
  藤山勇治・著


「えー? サラリーマンでも大家になれるの? そんなこといっても、どうせもともと両親がアパートを所有していたとか、土地持ちの地主さんだったんじゃないの?」

という、思いでいたのですが、ほんの数ページパラパラ見てみたところ、その思いはあっさり覆されました。
お金もなく、会社の仕事に追われて時間もない…。もちろん親の遺産とか財産もゼロ…。

まったく、えいえいと同様な境遇の方でした…。

「この本ください! あとこの著者が書いているほかの本もありますか?」

本屋のレジで聞いて、そのお店でなかったので、他のお店を2件ほどハシゴして他の著書も買い込んでしまいました(^^;)

このブログでは、知識もなにもない一人のリーマンが、一歩一歩勉強しながら不動産競売にチャレンジしていく道のりを、心のむくまま、つれづれと書いていけたらなあと思っています。
また、えいえいとは違って、超現実主義の嫁さん(看護師出身・ただいま子育てで休業中)にいかに説得して、理解してもらえるか…?

正直、勉強や金策よりもそちらのほうがよっぽど難題だったりして…(^-^;)






posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 18:35 | Comment(0) | 不動産投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。