不動産投資って利回りが命なの?(2)

最近、新聞のチラシをやけに一生懸命みるようになりました。

もちろん、売り物件のチラシを探していたわけです。

でも、やたら新築マンションやら新築戸建のチラシばかりです。

やっぱり不動産会社としてはそういう物件を売ったほうが利益が大きいんだなあと納得です。

中古物件はあまりおいしくないんでしょうね…。でもそういう中古物件くらいしか、えいえいとしてはお財布の関係で購入対象としてみれないわけでして(^^;)

  利回りは純益でかんがえるべし

と、昨日かきましたが、純益ってなんでしょう…?

  総収入から総経費を差し引いた利益
  【大辞林より】

辞書の定義ではこうなっていました。

これを不動産の投資にあてはめると…

  年間賃料収入から経費(固定資産税・リフォーム費)を引いた残り

ということになります。

経費はおおむね、年間賃料収入の20%くらいかかるようなので、それを加味して利回りの計算をしてみました。

 【利回りの計算】
 利回り=(年間賃料収入×80%)÷物件の価格×100

昨日と同じたとえでかんがえてみますと、賃貸料が一ヶ月5万円のマンションを1000万円で購入したら…利回りは4.8%になっちゃいました…。

1.2%も減っちゃいましたね…。1000万の1.2%って12万円ですか…えいえいの給料の4割くらいがとんじゃいました…。

ひとつ想定を間違えると残るお金がどこかへ飛んじゃいます。なかなかシビアの世界ですよね…f^_^;

やはり勉強は大事ですね…。
posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 17:36 | Comment(0) | 利回り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。