不動産投資って利回りが命なの?(3)

中古で出物のアパート物件などないかなと、インターネットで探していたときです。

ちなみにえいえいの家にはPCは置いていません。チビがやんちゃ盛りの4歳と2歳ですから、PCなど置いてたらいいおもちゃになってしまいます。

デスクトップ型だと本体相手に取っ組み合いして、相撲の練習状態にされたり、
ノートブック型なら、液晶画面相手に磁石でお絵かきの練習…(ペン先が磁石になってて、お絵描きができて、レバーを引くと消せるやつ、名前は忘れてしまいましたが(^^;))
考えただけで恐ろしい…(>_<)

そんなわけで自宅のアパート(築18年家賃¥64000)には壊れやすい精密機械はおけません。
近くに自分の実家がありまして、そこでインターネットはやらせてもらっています(^^)

  利回りは純益で考えるべし

要は必要経費がかなりかかるから、それを頭にいれて考えろっていうことですよね。

でも昨日は経費はだいたい年間家賃の20%くらいだと書きましたけど本当にそれでいいのかなと夜横になりながらつらつら考えていました。

予想外のことなんていくらでも起こりますよね…。

入居してくれた店子さんが3ヶ月で出て行ってしまい、リフォーム代引いたら、赤字になってしまったり、いきなり給湯器が故障して交換したりしなければならくなったり…。
運転が下手な店子がアパートの駐車場の塀にぶつけてしまい、その修理を大家がしなくてはいけなくなったり…。

  『純利回り』は購入後1年以上経ってみなければ正確な計算はできない

というのが正しいところのような気がします。

でもそれじゃあ、何を指針にして物件購入を考えたらいいか不安がいっぱいです。

さてさてどうしたものか…。
posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 17:34 | Comment(0) | 利回り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。