競売ってなんなの?

こんばんは。競売について、えいえいなりに調べたことをつらつら書き述べてみたいと思います。

「競売って何?」ですが…。

仮にえいえいが、不動産投資をする場合、えいえいはお金を持っていませんから(涙)銀行からお金を借りることになります。

貸し手たる銀行は、投資先の不動産を担保にとります。
(実際は、えいえいが銀行にいっても、お金どころかサービス品のティッシュすらくれないと思いますが…;>_<)

それで、もしえいえいが借金を返済できなくなる事態に陥った時、銀行は担保の不動産を売るなどして、借金を回収するという行動に出ます。

ただ、えいえいがいくら借金を返せなくなったとしても、銀行としても、ただちに

「♪借金、借金、金返せ。担保売りに出しちゃうよ〜」

またまた唄風になってしまいましたがf^-^;

とにもかくも、そう簡単に担保売りに出すのが難しいケースがあります。

つまりえいえいが、実は他に街金などからもお金を借りていたりして、担保の不動産の権利関係が、非常に複雑になっていたりする場合などです。

その場合、銀行は裁判所に申し立てを行い、『担保物件を裁判所に売ってもらう』という手続きを取ります。

この手続きのことを『競売』といいます。


と、この先、えいえいはいったいどうなるのでしょうか(^_^;)
こうなると、『ミナミの帝王』や『カバチタレ』、『ナニワ金融道』の世界まっさかさまですね。

続く。(ウソです・笑)
posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 18:30 | Comment(0) | 競売
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。