競売の『期間入札』ってなに?

こんばんは。えいえいです(^^)
今夜はちょっと食べ過ぎていまいちシャキとしません。
だらだらした文になってしまったらすみませんm(__)m

いつもは嫁さんが一応ご飯用意しておいてくれるんですが、どうやらチビたちとの戦闘に手一杯でギブアップ宣言がメールでとどいちゃいました。

なので、外で食べて帰ることにしたのですが、とんかつ専門店にいったのが失敗でした。
キャベツ、ご飯、みそ汁、おかわり自由なんて、えいえいを罠にはめようとしているとしかおもえませ〜ん(>_<)

おかげで、また一歩「目他簿LICK(なんだこれ(^^;))」
への階段を昇ってしまいましたとさ…。

『期間入札』


競売での売却方法として最も多く利用されている方法のようです。

 @まず裁判所が一定の入札期間を設けます。

 Aその期間内に入札を受け付けします。「○○万円で入札しますよ〜」と書いた『入札書』を郵送や直接裁判所に出向いて提出します。

 B開札期日に入札参加者等立ち会いのもと開札して、最高額で入札書を提出した人が落札する。


要は競り市みたいなものですね。「ハンマープライス!」とはきっていわないんだろうけど(^^;)

必ずしもお安く落札できるとは限らないみたいですね。

【at home web】
http://www.athome.co.jp/
では、改札結果もみれますけど、落札者は"法人"と"個人"とがあって、個人の人が落札しているとわりとお高めに落としているって感じがしますね。
場合によっては、最低価格の倍近い金額のときもあるし…。

きっと、えいえいみたい個人さんもいっぱい参加してるんでしょうね。

早く仲間入りできればいいなあ…。
posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 17:30 | Comment(0) | 競売
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。