競売の『特別売却』ってなに?

昨日にひきつづいて、競売の用語になります。

『特別売却』


特別売却とは、期間入札で競売物件に対して入札の申出がなかった場合に行なうそうです。

要は、売れ残った競売物件の再販というか、競売物件の売れ残り処分市のことなんですね(^^;)。

入札とは違って、特別売却期間中に、一番先に「ぼく買います!」申し出た人に買受けの権利が与えられます。
早い者勝ちということ。

値段も期間入札にくらべると競りがない分お安いですし、えいえいでももしかしたら買えちゃうかもって思いますね。

と、いうわけで早速、情報をあたってみました!

おお、愛知県の東海市に一軒、戸建の特別売却がありましたよ!

¥510万で買受できるみたいです。

早速写真をみてみますよ。

………………。

近所の環境を悪くなさそうだけど、黒い外観に窓枠がピンク…。
センスはいまいちかな…(^^;)

4LDKで車庫があり。
平成15年建築。

おお、結構あたらしいじゃないですか!!

不動産評価書っていうのを見てみます。

3階だてで、家の内部もきちんと保守管理してるってかいてあるよ。

所有者の人がまだ住んでいるみたいだけど、きちんと管理してるってことは普通の常識ある人だろうから交渉もしやすそうですよ。
いいかも! いいかもよ!!

特記事項もよんでみよう!



『本件建物内で殺人事件があった』



しゅうりょう〜

◎本日の教訓◎
『競売物件が売れ残るのには、それなりの特別な理由があります』

ちゃんちゃんm(__)m

posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 17:29 | Comment(0) | 競売
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。