住宅ローンは不動産投資には必要なの?

えいえいも不動産投資を目指していますから、やっぱり購入資金をなんとかしないとと思っています。

といっても全額自己資金なんてのは、悲しいほど不可能事ですので、結局どこかから借りるしかないわけで…。

安い金利で借りようと思うと、よく聞くのは住宅金融公庫かな。2007年4月から名前が「住宅金融支援機構」に変わるみたいですけどね。

まあ、政治家とお役人がやることだから本当にただ、名前が変わるってだけじゃないかなってえいえい的には思ってますけどね。

さて、その【住宅金融公庫⇒住宅金融支援機構】が宣伝しているローンが

『フラット35』というローン商品だそうです。

売りは、最長35年の長期固定金利です。
借入れ時に返済終了までの返済額が確定し、返済途中で金利が変わない、という民間金融機関ではほとんど聞かない超固定金利です。

その他にも最高8,000万円まで貸してくれるだとか、保証料や繰上げ返済の手数料が一切かからないとか、色々なメリットが【住宅金融公庫⇒住宅金融支援機構】のHPにはいろいろかいてありました。

でも、えいえいも疑り深いですから、なにか裏があるのではと思ってしまいます(-_-;)

HPには『フラット35』の仕組みがかかれていましたので、それをえいえいなりに図にしてみました。

えいえい
(ローンを申し込む)

普通の銀行
(ローンの債権を譲渡)

【住宅金融公庫⇒住宅金融支援機構】
(証券を発行)

投資家[VIPな人]
(証券の代金を払う)

【住宅金融公庫⇒住宅金融支援機構】
(代金を銀行へ)

普通の銀行
(融資を行う)

えいえい
(お金を借りれた(^0^))



めでたし、めでたし

…ってぜんぜん裏なんかない感じです。

まあ、まだまだ素人のえいえいに簡単に裏がわかるようじゃ、銀行も住宅金融公庫も商売にならないでしょうけどね(^^;)

とにかく情報を鵜呑みにしないで、自分なりに分析するようにするクセをつけておきたいですね。

いまはまだ何も見えなくても、いつかは別の切り口から見た事実に気づけるようになるといいな(^-^)

それがめぐりめぐって不動産投資に大きく役立つことになるのは確かですから。

posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 17:15 | Comment(0) | ローン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。