占有屋って知ってます?

占有屋(せんゆうや)とは善意の第三者を装って、競売物件に居座り、競売物件を落札した人間が現れると膨大な立ち退き料を要求する人のことです。

2004年3月以前は、民法395条で3年以内の短期賃貸借契約は抵当権が設定された後に締結されても、契約期間中は引き続き賃借できると定められていました。

これを占有屋が悪用し、競売執行妨害に利用されていたそうです。

2003年8月に民法が改正され、2004年4月以降は短期賃貸借契約制度は廃止となりました。

それ以後、買受人は競売物件落札後、引渡し命令を裁判所より取得して、ただちに不当に占有している人間を追い出せるようになりました。

ようやく法律がおいついてきてくれたって感じですね(^^)
posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 02:05 | Comment(0) | 競売
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。