不動産取得税について

不動産取得税とは?

不動産取得税は、不動産(土地・家屋)の取得に対して課税されます。
土地や家屋を売買や建築などによって取得した人が支払う必要があります。

税額は以下のとおりです。

 取得した日における不動産の価格 × 税率 = 税額 

また、税額を計算するための不動産の価格は、実際の売買価格ではありません。
原則として、市町村の固定資産課税台帳の登録価格をもとに税額が決定されます。

宅地や宅地に準ずる土地を平成21年3月31日までに取得したときは、価格が2分の1に軽減されます。

家屋を建築により取得した場合は、固定資産評価基準により評価し算出した価格です。

固定資産評価基準は、物価の変動などを考慮して3年ごとに改正されます。
また市町村税の固定資産税においても、この固定資産評価基準により土地や家屋を評価することとされています。

税率は、土地と家屋(住宅)が固定資産価格の3%、住宅以外の家屋が3.5%になります。

不動産投資には莫大な金額がかかります。
税金のこともしっかりと計算にいれて購入の決断をしましょう。

posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 03:55 | Comment(0) | 不動産の税金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。