固定資産税について

固定資産税とは、保有する固定資産について課税される地方税です。

土地の評価方法には、主に路線価方式が採用されます。

路線価とは、街路に沿接する標準宅地の単位面積あたりの適正な時価に基づいて設定された価格です。

路線価には固定資産税における路線価と、相続税における路線価の2つがあり、固定資産税路線価については各市町村が算定し、相続税路線価については、各国税局がそれぞれ算定しています。

ちなみに相続税においては公示価格の8割。
固定資産税においては公示価格の7割を目途に、それぞれ評価を行っています。

不動産投資で物件購入後、固定資産税を支払う必要は当然ありますので、資金計画は余裕をみておいたほうがいいでしょう。
posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 04:12 | Comment(0) | 不動産の税金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。