不動産投資にもオール電化がいいの?

最近、オール電化住宅に対して広く宣伝されていることもあり注目が集まってきています。

一般住宅・分譲マンションのみならず、賃貸住宅にもオール電化を導入することがめずらしくなくなってきました。

<オール電化住宅とは>
住宅で使用するガスや灯油エネルギーの物も含めて、すべて電気でまかなう住宅ということです。
ガスや灯油と違い、燃焼することがないので、空気が汚れずクリーンで省エネルギーなど様々なメリットが言われています。 

<導入するオール電化設備とは>

@IHクッキングヒーター
火を使わないクッキングヒーターは、表面がフラットで油汚れがつきにくく、掃除・手入れがしやすいメリットがあります。
また、火災、ガス漏等の危険性が少ないことも魅力です。
小さい子供のいるファミリーや、高齢者にとって安心・安全な設備だといえます。
火力面でも高性能になり、むらなく加熱できるようになりました。
また、全体をすっきりしまえるデザインなど、キッチンをスタイリッシュに演出できるので、モダンな間取りにもマッチします。


A電気温水器(エコキュート)
「空気の熱でお湯をわかす」という仕組みが最大の特徴です。
少ない電気で効率よく熱を出す事ができるうえに、割安な夜間の電力を利用してお湯をためることもできるので、消費電力を抑えることができます。

B暖房(電気式床暖房)
床下に埋め込まれた、電気によって発熱する素材や温水パイプを暖める事などによって床全体を暖める方式の暖房です。
室内の乾燥、燃焼ガスの発生などがありません。
部屋の空気がクリーンで快適なまま足元から暖めてくれて、さらに夜間に蓄熱したものを放射することを利用するなど、省エネでもあります。   



<オール電化のメリット>
火を使わないので火災の危険性が少なく、それだけでオーナーにとっては資産を守るという効果があります。
また、汚れにくい、掃除しやすいという利点から、原状回復費用があまりかからないともいわれています。
ます。

<オール電化のデメリット>
一方で、設置に費用がかなりかかることが、導入に踏み切れない原因となっています。(1部屋あたり70〜100万)


入居者募集については、競合する物件が多数ある場合、オール電化を導入する事で差別化が図ることができますが、初期費用も馬鹿になりません。
不動産投資にあたっては、そのあたりの兼ね合いを冷静に判断して導入の可否を決めるべきでしょう。



posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 05:06 | Comment(0) | アパート・マンション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。