登録免許税とは何?

不動産(土地・家屋等)の所有権保存や移転、抵当権設定登記等に課せられる税金です。
あらかじめ、現金で納付し、その領収証書を登記等の申請書に貼り付けて提出します。
税額が3万円以下の場合には、収入印紙を登記等の申請書に貼り付けて提出することもできます。

<税率は?>

 所有権の保存登記:         [建物]不動産の価額×0.15%<0.4%>
 売買による所有権移転登記:    [建物]不動産の価額×0.3%<2%>

                      [土地]不動産の価額×1%<2%>

 抵当権設定登記:           債権額×0.1%<0.4%>


              ※住宅金融公庫融資・財形年金は非課税
              ※1.<>内の税率又は税額は特例適用外の場合  
              ※2.不動産の価額とは、通常、固定資産税


<特例措置の条件>

[建物]
次の全てにあてはまる場合
1) 平成19年3月31日までに新築又は取得した家屋であること
2) 自己の居住の用に供される家屋であること
3) 新築又は取得後1年以内の登記であること
4) 登記簿上の家屋の床面積が50u以上であること
5) 中古住宅の場合は、築後20年以内(耐火建築物の場合は25年以内)のものであること

または
地震に対する安全上必要な構造方法に関する技術的基準又はこれに準ずるものに適合するものであること(新耐震基準へ適合するものであること)
6) 登記の申請書に当該家屋所在地の市長による住宅用家屋証明書を添付していること

[土地]
平成18年4月1日から平成20年3月31日の間に受ける土地の売買による所有権の移転登記の場合


ほかの税金と比べると安いほうですが、不動産投資は数千万単位でお金がかかりますから0.3%でも決してばかにはなりません。
しっかり資金計画に組み込んでおいてください。

内容の詳細については国税庁ホームページへ
http://www.nta.go.jp/
posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 05:33 | Comment(0) | 不動産の税金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。