不動産投資に向いている性格って?

どういう性格の人が不動産投資に向いているかは、一言で断定できませんが、不動産投資は長期的な事業ですから、気が短い人には向かないようです。

不動産投資に関連する知識があればいいのですが、なくても今から勉強すればいいだけです。

すでに知識があると自負している人でも、株などとは比較にならない高額な買い物ですから、もう一度勉強し直すくらいの慎重さは必要かとおもいます。
勉強で得た知識が、現実と同じとは限りませんし、不動産市況は時々刻々変化しているのできめ細かな情報の収集も必要です。

不動産投資に使える資金を把握することも重要です。
ある程度の余裕をもって不動産投資に資金を回すほうがいいのはもちろんです。
投資には必ずリスクがあるので、日常生活に影響のあるお金は資金には不向きです。

不動産投資に割ける時間を把握することも重要です。
サラリーマンや自営で仕事をされている場合、本業に支障をきたさない範囲で投資を行うのが本来の姿です。

時間に余裕があっても、投資としての不動産にしか興味がない場合、そのすべての時間を不動産投資に割くかどうかも考える必要があります。
好きこそものの上手なれ、ともいいます。
不動産自体をあまり好きになれないようなら他の興味を持てる対象を探したほうがいいかもしれません。

自分の生活事情や不動産に興味をもてるかどうか、自己の内面をも見つめなおすことが必要ではないでしょうか?
posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 12:11 | Comment(0) | 不動産投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。