情報収集が不動産成功への道?

不動産投資は景気や諸々の条件の影響を非常に受けやすい特徴があります。
周囲の物件との設備の差や家賃の差、賃貸側の要望や希望等によって、空室率があがったり家賃が下落したりと大きく影響を受けます。

こうなると期待したはずの収益が低下してしまいます。
このような事態を避けるには、こまかく情報収集する必要がありますが、そんな情報は何処にあるのでしょうか。

それは、賃貸物件を管理している不動産管理会社です。

会社によっても情報量は違いますが、小さい街の管理会社でも豊富なところはあります。
次に、新聞やインターネットで幅広く情報を集めることが可能です。
インターネットの場合、不動産情報を扱うサイトも多いので、比較検討して信頼のできるサイトを見つけます。

自分で周囲の物件を見て回ることも、多くの情報を得る重要な手段です。
物件周辺の状況を実際に自分の目で確かめると、町の様子や人の流れと言った多くの貴重な情報が手にはいるのもです。

今まさに計画中の物件のことや、競合物件が建築されそうな空き地の有無の確認もできるのです。

ここ数年ぐらいの情報は、今まで述べた方法でも集められます。もっと先のことは、景気の影響を受けるのでほぼ不可能でしょう。

やはり、積極的にいろいろな情報源を確保して、信頼性のたかい情報を得る努力を普段からしておくのが、不動産投資を成功させるための大きな道でしょう。


posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 12:28 | Comment(0) | 不動産投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。