現物不動産投資って?

『現物不動産投資』とはアパートやマンションやオフィスビル等を建築や購入して、賃貸することで家賃等を得る投資です。
その特徴から主に3種類に分けられます。

直接投資型(手持資金ゼロタイプ)
ワンルームマンションのように一室だけを所有する場合ですと、相対的に必要とされる資金が少ないくて済むので、このタイプが多くなります。


直接投資型(資産活用タイプ)
所有している遊休土地に建物を建て収益不動産へと変える場合です。
あるいは、所有している遊休土地を他人に貸し出して(店舗設営やコインパーキング等)地代収入を得る方法です。


借入れ金利用タイプ
現物不動産投資は多額の資金が必要なので、投資できる人が限られます。
そして、複数の不動産を所有してリスクの分散が図りにくく、不動産のもつ地域性や用途等の個別要因を受けやすくもあります。
そこで、自己資金だけで不動産を購入するのではなく、借入金を併用してより大きな投資を行って収益の拡大を狙います。
これをレバレッジ効果といいます。

しかし、その場合は、投資物件の利回りが借入金の金利より高く、収益を見込めることが絶対条件になります。
万一、借入金の金利の方が高くなったら酷いことになるのは明らかです。このような状態を逆レバレッジ効果といいます。


これは、現物不動産投資はハイリスク・ハイリターンの投資といわれる理由のひとつです。
posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 12:34 | Comment(0) | 不動産投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。