不動産投資も小口のものがあるの?

現物を購入する不動産投資には多額の資金が必要です。
そのため、投資できる人はとても限られた人だけになって、マーケット規模も小さいままになってしまいます。

そこで、多くの人に参加してもらうために、資金面の問題を解消する手法として不動産小口化商品が登場しました。
多くの人に共同オーナーとなって、不動産投資をしてもらうのが目的の商品です。

例えば、1棟10億円するテナントビルを1000□に分ければ、1□あたり100万円となります。投資家に100万円から出資することを可能にして、そのビルの運用に一部ですが参加してもらいます。

この手法の導入で、現物の不動産物件を購入するより少額の資金で投資が可能になり、不動産投資への参加がやさしくなったのです。

小口化した不動産投資を販売するためには、まず不動産会社等が組合を設立します。
これが、投資家から資金を調達するための受け皿になります。

そして、組合は投資家から集めた資金で賃貸マンションやテナントビルなどを購入や建設します。
その不動産から得られる賃料収入や売却収入で収益を挙げます。

最後に、その収益を出資した投資家へ分配します。
おわかりのように、投資家は所有権を持たずに共有持分権を持つことになるので、投資対象不動産の管理といった煩わしさからは開放されています。

手持ち資金がなくて、若干だけ余剰資金があるようならこのような不動産投資からスタートするのも「有り」ではないかと思います。
posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 12:40 | Comment(0) | 不動産投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。