伸びる地域を絞り込む

これから不動産投資をするにあたり、投資を行う地域の選択が非常に重要になってきます。

なぜなら、日本の人口は将来、減少に向かうからです。
今までは、地方都市でも県庁所在地レベルなら、人口は横ばいか増加傾向の都市がほとんどでした。
ですので、投資をする地域についてほとんど気を配る必要はなかったのです。

しかし、ここへきて日本の人口が減少に転じるといったことが起こり始めています。
そして、その人口減少の問題は、不動産業界に直撃するものと推測できます。人口が減るということは入居者が減るということとイコールなので(世帯数も関係ありますが…)。

では、今後、不動産投資で成功することは難しいのでしょうか?

その答えは『国立社会保障・人口問題研究所』が提供するデータの中にあります。

『国立社会保障・人口問題研究所』
http://www.ipss.go.jp/


この研究機関では、将来予測される人口の動きを地域別に見ることができます。

このデータを見ると、今後ほとんどの地域で人口が減少することが予測されています。
しかし、そんな中でも、人口が増加することが予測されている地域が約1割〜2割ほどあることが分かります。

このわずかな人口増加地域に狙いを絞って不動産投資をすることをお勧めします。
逆に、人口が減少する地域で賃貸不動産を運営することは、需要と供給のバランスが傾き、空室率の増加、家賃の低下を招く恐ろしい原因になります。

もう1つご説明しますと、この研究機関が提供するデータに年代別人口推計というデータがあります。
このデータを見ると、地域選択だけでなく、その地域ではどういうタイプのマンションやアパートの需要が今後見込めるのかが見えてきます。

若者が多いのか?
労働者が多いのか?
老人が多いのか?

そういうことも参考にしながら、物件を探しましょう。

しかし、あくまでもこれらは予測であり、確実に数字通りに動くことはありえません。
信頼できるデータに違いはないのですが、企業誘致や行政のあり方によって、多少違ってくる可能性はあります。

その他には総務省が行う国勢調査も参考にしてみてください。
posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 14:19 | Comment(0) | 高収益物件の見つけ方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。