耐震に不安な物件は見送ったほうがいいの?

建築基準法では、建物に関する耐震基準というものが決められています。

耐震強度偽装問題で大騒ぎとなりましたが、現在施行されている耐震基準は、1981年(昭和56年)6月1日に旧耐震基準から改正された耐震基準です。

当然、現在の耐震基準の方が厳しい基準となっています。

阪神・淡路大震災でも、新耐震基準によって建てられた建物の被害が最小限に抑えられたのとは対照的に、耐震基準改正前に建てられた建物は大きな被害を受けています。

なるべく1981年以前の物件には投資しないようお勧めしますが、この場合でも、高利回り・高収益が見込めるような物件なら検討の価値ありです。
投資資金を回収後、新規建物に立替えたり、耐震構造を強化した大規模リフォームを実施してさらに大きな不動産投資につなげていく方法もあります。

posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 15:31 | Comment(0) | 高収益物件の見つけ方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。