ローンの借り入れ先ってどんなところがあるの?

不動産投資では、実際に不動産を購入する際に、ほとんどの方が融資を金融機関から受けると思いますが、融資をしてくれる金融機関にも色々な金融機関があります。

不動産投資において、現実的に利用可能な金融機関は、都市銀行、地方銀行、信用金庫、国民生活金融公庫、信託銀行、保険会社、信用組合、農協、その他のノンバンクなどがあります。


@都市銀行
最も多くの方が利用しているのが銀行ではないのでしょうか。
その中でも都市銀行は、東京や大阪などの大都市に本店を置き、全国展開をしている銀行です。
個人の不動産投資に対する融資には消極的なようです。


A地方銀行
地方銀行とは、地元に本店を置き、地元を中心に展開する銀行です。
どこの都道府県でも最低2行以上あり、全国には117行の地方銀行が存在します(2006年)。
取引対象を地元の企業や個人におき、個人の不動産取得に対する融資には積極的です。
ただ、地域密着型であるため、通常は銀行の営業地域内に住所と投資対象の不動産がないと融資を受けることはできません。


B信用金庫
限定された一定の地域を営業地域とし、その地域の人から預かった資金を、その地域の人に融資する地域限定の金融機関です。
信用金庫で融資を受ける場合は、その営業地域内に住む、あるいは事務所を構える必要があります。
取引業務は銀行と同じですが、地方銀行よりもさらに小口の中小企業、零細企業、個人事業者との取引が主体です。


C国民生活金融公庫
一般の金融機関から融資を受けることが困難な中小企業・個人に対する融資、教育ローンや新規事業の開業の支援などを行う政府系金融機関です。
事業性の評価を旨とし、担保が必ずしも必要でないことや、金利が安く固定であることが特徴です。
しかし、国民生活金融公庫には、「事業への融資」という考えがあるため、借入期間が短い傾向にあります。


D信託銀行・保険会社・信用組合・農協・その他のノンバンク
このような機関からも、不動産の取得に対して融資を受けられる可能性があります。
もちろん、取扱っていないところもあるので注意してください。
ノンバンクにも色々ありますが、ノンバンクとは、預金業務を営まず貸付業務のみを行う金融機関です。
当然、金利は銀行より高めになります。



個人が不動産投資を行うにあたって、対象となる金融機関としては、A地方銀行、B信用金庫あたりが親身になって相談にのってくれると思います。
当然、給与振込みや公共料金の払込みも、それらの銀行と行うようにして信用してもらえるようできるだけ誠意を見せるようにしましょう。
posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 15:42 | Comment(0) | ローン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。