銀行ローンってどんなもの?

一般的に、不動産投資で資金調達をするとき、圧倒的に多く利用されているのが銀行(都市銀行・地方銀行
・信用金庫)です。
そこで、ここでは、銀行の融資について大まかにご説明します。

まず、銀行は融資の打診をしてきた顧客と、その融資対象の物件について調査し、融資の決定をします。

銀行の利益は借り入れ者から払い込まれる金利です。
融資した元本の返済と、その元本に対する金利の支払いにより、利益を出しています。
しかし、この利益は将来の未確定の利益なので、融資をする際に、顧客の所有物を担保に入れてもらったり、連帯保証人をつけたりして、リスクを抑えようとします。

もちろん、その担保の中には購入予定の物件も含まれます。
返済ができない状況になると、その物件を競売に流して換金するか、任意売却という方法で清算します。

他に銀行が考えるリスクとしては、個人の属性というものがあります。
定職についていない人には返済能力がないと考え、なかなか融資をしてもらえないということがあります。
これは銀行側も、なるべくその不動産を競売や任意売却で処理せずに、債務を全うして欲しいという思惑があるためです。

このように銀行は、人と物を見てリスクを計り、融資をするかしないか、いくら融資するかを決定します。
人の返済能力、物の換金力に対するリスクと、金利による利益を計りにかけるのです。

posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 15:45 | Comment(0) | ローン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。