個人の属性ってどんなもの?

個人の属性というのは、銀行が『融資を受ける人間は信用するに足る人物か?』を測るために、収入や支出などで個人を分かりやすく分類することです。

銀行が見るポイントは色々ありますが、一貫して個人の財務状態を推理できるような項目を見ます。
これらの項目を、銀行は個人を測るための指標といて使っているのです。では、どのような項目を見るかみてみましょう。


@職業
職業の項目で一番重要なのは勤続年数ではないでしょうか。
銀行は職業をコロコロ変える人を、「安定していない」、「信用するに足りない」と考えます。
「他のことはおおめに見るが、3年以上勤務していないと無理。」というような場合があります。
職種では、公務員や、国家資格の中でも比較的収入ランクの高いと思われるような資格をお持ちの方は有利です。
不利な職業としては、給与所得のうち、歩合に占める割合が高い営業職や、セールスなどの職業です。
もちろん、営業やセールスでも、歩合がなければ不利ではありません。
この場合、「給料をいくら貰っているか?」ということはあまり関係ありません。
不安定という言葉に銀行は敏感です。


A配偶者の有無
配偶者がいない独身者の場合は、審査においては不利な条件になります。
逆に、配偶者がいる場合は有利です。
配偶者が仕事をしていなくても、潜在的な労働力は2人分と銀行は考えます。


B子供の数
最も有利なのは、子供がいない場合です。
最も不利なのは、子供が多い場合です。
先ほどの配偶者の場合は、潜在的労働力があるという観点から、審査においてはプラス面ですが、子供の場合は潜在的労働力がありません。


C借金の有無
これから借入れをしようとするのに、すでに借入れがある場合、その借入れにより不動産収入などが発生している場合を除き、不利になります。
つまり、消費や所有に借入れの枠を使っているため、投資に対する借入れができない場合があります。
ですので、住宅ローンなどがある場合などはマイナス要因です。高級車や船舶の購入のためのローンもまた然りです。


上の4つの項目から分かることがあります。
銀行は、『その不動産投資がうまくいかなかったとき、この債務者の給料から持ち出して、穴埋めができるかな?』と心配しているのです。
ですので、銀行に持ち込んだ不動産投資の案件が他に類を見ない素晴らしいものである場合、これらの項目に一切関係なく、しかもノンリコースローンではないにも関わらず、頭金なしの全額ローンでの融資をしてくれる場合もあります。かなり稀でしょうが……。


また、これらの項目は、不動産投資を始めた初期の段階の話です。
不動産投資の規模
にもよりますが、2つ目、3つ目の案件以降はこれらの項目は一切関係ありません。
逆に、これまでの不動産投資の成績が問われることになります。

posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 15:51 | Comment(0) | ローン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。