物件の担保の価値ってどのくらい?

銀行は、これから不動産投資をしようとして購入する不動産の担保価値を、融資の可能額の考えに入れてくれます。
考えてみれば当たり前のことですが、もともと担保とは人質ならぬモノ質であるわけですから、その分のお金も貸してもらえます。

そこで銀行は、融資の打診があった対象不動産について、担保価値の査定をしなければいけません。

以降では、銀行の担保価値の査定基準についてご説明します。


@土地の担保価値
ほとんどの銀行では、路線価を基準に土地の担保価値を求めます。
路線価とは、道路1本ごとに決められた、いわば道路の値段から求めるその道路に接している土地の価格です(路線価は、国税庁のホームページの財産評価基準書で閲覧できます)。
銀行は多くの場合、こうして求めた路線価による土地の評価額の7割程度を、その土地の担保価値としています。


A建物の担保価値
建物の担保価値の求め方は、各銀行によって違いがあります。
再調達原価からこの価格に建物が古くなったことによる減価修正をした積算価格(試算価格)で評価する銀行や、固定資産税評価額相当額で評価する銀行、独自の理論や計算式で評価する銀行など様々です。
しかし、どの銀行の評価基準で担保価値を求めても、ほぼ時価の7〜8割程度の担保価値となります。


建物と土地の担保価値合算して考えると、普通に買って普通に融資の打診をすれば、頭金は2〜3割程度必要だということになります。
不動産投資の際は、購入予定の土地の路線価を事前に調べておき、どのくらい頭金が必要か計画しておく必要があります。

posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 15:57 | Comment(0) | ローン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。