礼金ってなに?

賃貸借契約締結後、明渡し前に、賃借人(入居者)が賃貸人(家主)に対してお礼の意味を込めて支払うお金です。

敷金とは違い、その目的・用途などは関係なく、単にお礼として一方的に賃借人に求めるお金です。

戦後、住宅難だった東京を中心に、入居させてくれる家主にたいして、文字通りの「お礼」という意味で広がった風習です。
当然お礼なので、敷金のように退去時に返還されることはありません。

賃貸人(家主)にとってはありがたい習慣ですが、最近では集客のために礼金を取らない家主も増えてきました。
管理会社によっては、礼金ありだと入居者を募集できないといって家主を説得している場合もあるようです。

物件によっては、通常通り礼金が発生するコースと、礼金なしの○年以内解約時違約金発生コースなど、入居者に選択してもらうシステムを導入しているところもあります。

敷金にも言える事ですが、礼金は地域によって差があり、一概にいくらとは言えませんし、そういう習慣がない地域もあります。

不動産投資を成功させるためには、旧来のシステムにとらわれず新しい流れを見極めて『礼金・敷金廃止』といった大胆な変化をも取り込んで、入居者を募集をかけることも検討課題ではないでしょうか?

posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 23:04 | Comment(0) | アパート・マンション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。