競売の流れ

@債権者による申立
競売物件の大部分は抵当権の実行によるものです。
つまり、債務者が債務の支払ができなくなったときのための担保として、予め設定しておいた不動産を、債権者が抵当権の実行として裁判所に申立します。


A競売開始決定
裁判所は、債権者の申立を受理し、不動産を差し押さえ、競売の開始を決定します。


B資料作成
裁判所は、競売開始決定に伴ない、現況調査報告書、評価書、物件明細書を作成します。


C閲覧開始
競売物件は、裁判所の掲示場で公告され、新聞やインターネット上でも掲載されます。


D入札開始
売却基準価額の20%を裁判所に納付し、入札所に入札額を記入して裁判所に提出します。
入札方法が期間入札の場合、入札期間は、通常1週間あります。
入札方法が期日入札の場合、入札期間は、その日限りとなります。


E開札
裁判所内の開札場で開札が行われ、最高額を入札した人が買い受ける権利を取得します。


F売却許可決定

開札が終わると裁判所は、落札者に不動産を売却するかどうかを決定します。
通常、何もなければ許可され、落札者は買受人となります。


G代金納付期限の通知
裁判所は、納付期限を定め、買受人に通知します。
買受人は、期間内に一括で代金を納付します。期間内に納付できない場合は、買受資格を失います。
その場合、保証金は没収。
以後、3年間は競売に参加できなくなります。


H登記
所有権の移転登記などを裁判所が行います。
登記が移転すると、買受人は他者に所有権を主張できるので、物件の明渡しを求めることができます。

posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 13:37 | Comment(0) | 競売
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。