競売のメリット、デメリットってなに?

≪メリット≫
@購入費用を抑えられやすい
最近では、競売も一般的になってきています。そのため、市場価格と何ら変わりない価格で入札されるケースも増えてきましたが、それでもやはり一般的な市場価格より安値で購入できるケースが多く、最大のメリットです。


A登記手続きが簡単
簡単というよりも、取引相手が裁判所であるため、所有権移転登記など裁判所側で処理してくれるので便利です。


≪デメリット≫
@家屋内部を見ることができない
通常、落札前は家屋内に入ることはできず、従って中がどういう状況になっているかは分かりません。


A瑕疵担保責任がない
通常の取引では当然にあるべき瑕疵担保責任がありません。
どのような傷み、不具合、故障があったとしても、その責任を他者に押し付けることはできません。


B物件の明渡しに苦労する場合がある
所有権移転登記をすると、他者に所有権を主張できるのですが、それでも占有者が居座り続ける場合があります。
中には立ち退き料を貰う目的で居座り続ける占有者もいます。


Cローンを利用できる可能性が極めて低い
通常、金融機関は競売物件購入に対して融資はしてくれません。
しかし、以前に比べると、融資がおりる割合は少し増えてきつつあります。

posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 13:41 | Comment(0) | 競売
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。