不動産投資における『確定申告』って?(2)

確定申告では、1年間(1/1〜12/31)の所得とそれに対する所得税の金額を、税務署に申告します。
原則として、翌年2/16〜3/15までが申告期間となっています。


所得とは、収益から経費を引いたもので、以下の通り10種類に分類されます。

@利子所得------預貯金、公社債などの利子による所得。
A配当所得------株式や投資信託などの配当などの所得。
B事業所得------農業や商工業などの事業による所得。
C不動産所得----土地や建物からの賃貸所得。
D給与所得------サラリーマンなどの給与や賞与による所得。
E退職所得------サラリーマンなどの退職金所得。
F譲渡所得------財産売却で得た所得。
G山林所得------山林の譲渡や立木などを売却して得た所得。
H一時所得------懸賞金などの継続性のない所得。
I雑所得--------@〜Hに該当しない所得。


これらの所得に対する課税は、他の所得と全て合算して税額を算出する方法(総合課税)と、その所得だけ分離して税額を算出する方法(分離課税)に分かれます。

総合課税 → ABCDEGHI
分離課税 → @AF
 
注:配当所得はどちらの場合もあります。



確定申告は、自分の儲けの部分を明らかにして、それに合わせて税額が決まりますが、赤字が出た場合に、BCFGの4つの所得に限り、その赤字分を他の所得から差し引く(損益通算)ことができます。
posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 15:32 | Comment(0) | 不動産の税金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。