指値ってなんだろう?

指値とは買主が希望する購入価格です。
「指値で購入できた」というのは、売主が売却希望価格を譲歩して、買主の購買希望価格に下げてくれたことです。

指値は、差値とも書きます。
買主が自分の希望価格まで下げてくれと売主に対して行う交渉そのものを指す場合もあります。

通常、双方の媒介業者間で交渉・調整が行われ、最終的な売却価格(出し値)が決定します。

不動産投資では、売主の言い値での不動産購入はできるだけ避けて、多少なりとも指値を示して、値引き交渉をするようにしましょう。
その努力が後の利回りに大きく影響してきます。
posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 16:28 | Comment(0) | 不動産投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。