不動産投資における権利書ってなんだろう?

権利証とは、正式には、登録済み証といいます。
つまり、不動産登記を終えたとき、その証明書として交付されるのが権利証です。

権利証を紛失してしまうと、原則再発行はされません。
しかし、権利証を持っていないからといって、所有権が奪われるわけではありません。

紛失した場合は、保証書というものを代わりに発行してもらうことで、権利証を持っているのと同様に登録不動産の売買などが可能となります。

また、2004年6月、およそ100年ぶりに不動産登記法が改正されました(施行は2005年3月)。

その要点は、オンライン申請が可能になったことです。
インターネット経由での申請登録を可能にすることで、登記事務の簡素化・効率化と国民の負担軽減を実現し、利便性を図るというもの。
これに伴い、権利証の形も変わってきました。
オンラインでの登記が完了すると、権利証の代わりに「登記識別情報通知書」が、やはりオンラインで送られてきます。
これが、現在の新しい権利証の形。
では、それが登録者本人にだけ所有される情報だとどうやって証明するのでしょうか?
それは、この通知書の下に打ち込まれた12桁の英数字で、これからは、キャッシュカードの暗証番号のようにこの数字を知っていることが権利証を持っていることの証明になります。
posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 16:32 | Comment(0) | 不動産投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。