競売における境界の明示って?

境界の明示とは、隣地との境界線をはっきりさせることをいいます。

物件明細書または、登記簿の公図は、しばしば実際の土地の現況と合っていない場合があります。

しかし、それでは、いざ落札! いうときにトラブルが起こりやすいです。

とくに隣地との境界の明示は非常に大切な点です。

物件明細書に、「境界がはっきりしない」とあったら、見送ったほうがいい物件でしょう。

posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 21:57 | Comment(0) | 競売
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。