どんな物件を選べば安定した収入を得られるの?

不動産投資を検討している場合、『好立地・好条件』を満たす物件を選択することが不可欠です。

・駅から至近の物件
・メンテナンス・管理がしっかりしている物件

バブル時から一転し、都心部の不動産価格が安くなったことで、
企業・大学等教育機関の都心回帰現象が起きております。

また、通勤時間を短縮し、時間を有効活用する為に、勤務先に近い都心部に住居を持つ人も増えてきているようです。

さらに、未婚者・離婚者の増加による単身世帯の伸びも拍車をかけており、首都圏エリアでは人口も単身世帯数も増え続けておりますので、単身世帯の賃貸需要が見込まれます。

賃貸需要の高い好条件の物件は、家賃がほとんど下がっていません。

マンションへの投資の成功率は、立地条件・グレード・管理内容により大きく左右されますので、管理組合が正常に機能していることや、長期的な修繕計画が万全にされている物件を選ぶことが重要になります。
posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 20:46 | Comment(0) | アパート・マンション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。