国交省が設置「投資家に信頼される不動産投資市場確立フォーラム(仮称)」 

「投資家に信頼される不動産投資市場確立フォーラム(仮称)」の設置を 国交省
 国土交通省の社会資本整備審議会はこのほど、「今後の不動産投資市場のあり方に関する第二次答申」をまとめた。

 それによると、様々な課題に対し関係者の対話と自主的な取り組みを促す場として「投資家に信頼される不動産投資市場確立フォーラム(仮称)」を設置し検討すべきとした。

 フォーラムで取り組むべきものとしては、
(1)年金基金及びそのゲートキーパーである信託会社、投資運用業者の参画のもと投資運用業者の不動産投資一任業務に関する自主ルールの策定、
(2)証券アナリスト、証券取引所、会計士、弁護士、不動産鑑定士、投資運用業者の参画のもと利害関係人との取引に関するガイドラインの策定、
(3)年金基金、生損保、金融機関、不動産会社、不動産鑑定士、会計士、投資運用業者、大学等の研究機関の参画のもと不動産投資インデックスの整備方策が挙げられた。

[2007年5月11日]

posted by 不動産投資,競売,情報日記のえいえい at 22:38 | Comment(0) | 不動産投資ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。